豊橋・豊川・豊田の新築一戸建て
注文住宅はあなたの街の「ここすも」

tel 0120-84-1150受付時間 9:00 - 18:00

BLOGブログ

2018.08.21家づくりのノウハウ

「部屋を広く見せる」設計のコツ|豊橋・豊川・豊田の新築注文住宅 ここすもハウス

狭小地と言われる土地でも、設計や間取りの工夫で、開放感を味わえる家づくりをご提案するここすもハウス。

今回は、経験豊富なここすもハウスのハウスプランナーが、「部屋を広く見せる」家づくりのコツをアドバイスいたします♪

 

例えば、間取りの工夫でできるのが、スキップフロアというアイデアです。

床のレベルを半階ずつずらして配置していくスキップフロア。上下の空間が同時に見えるため、家の中が広々と感じられます。

 

 

また、扉を天井いっぱいまでの高さがあるハイドアに。窓も天井高いっぱいに開講を取れば開放感はさらにアップ。

窓は日当たりや外からの目線の問題もありますが、ハイドアなら気軽に取り入れられる工夫となります。また、引き戸も開けっ放しにしておけば、部屋と部屋をつなげられ、広々と空間を使えます。

 

もちろん、最近人気の吹き抜けプランも開放感を出すためのおすすめテクニック!

あえて天井を低くする場所を作っておいて、吹き抜け空間へとつながる導線を演出してあげれば、ギャップでより家の中が広々快適に感じられます。

 

 

こうしてみると、部屋を広く見せるためには「天井を高く」見せて縦空間の広がりを感じさせることがポイントと言えますね♪

ただし、寝室のような空間は、あえて天井を低くした方が落ち着きある空間になることも。ぜひ、空間の用途に合わせて考えてみましょう。

 

ここすもハウスでは、建築のプロと設計のプロ、そして土地のプロがコラボして「ちょっとカッコイイ家をより安く」建てるお手伝いをしています。

経験豊富なハウスプランナーに、理想の家づくりならお任せください!